【勉強会】Radixの会

2015年6月20日苫前町において、Radixの会北海道ブロック集会が開催されました。総勢28名(生産者14名)の方にご参加いただきました。0620S-19勉強会

今回は、カボチャやジャガイモを栽培している圃場で土壌断面調査を行ないました。
一番の問題点となったのは、前年にプラウ耕ですき込んだ緑肥が分解せずに残っていたことでした。また、その下の部分にはプラウ耕による練り返しによって非常に硬くなっている部分があり、山中式高度計で測定すると一番硬い部分で30mmでした(高度25mm以上:根が入りにくい)。プラウ耕を使う時期やすき込みの方法を工夫することが提案されました。

また、下層の土壌構造が発達していたため、物理性についてはあまり問題ありませんでしたが、化学性についてカリウムとマグネシウムのバランスが悪い状態であったため、バランスを適正に保つことが提案されました。

詳細は以下のサイトをご覧ください。

Radixの会 北海道ブロック集会 農産部会ブログ

Comments are closed.